LOG

配列

C++勉強目次

配列は以下のように定義する

int arr[5];

これで、要素数が5、サイズが20(int型のサイズ x 要素数)のint型の配列ができる。

  • 配列のアドレスは連続している。
  • 引数に配列を渡すと参照渡しになる。(実際にはポインタ)
void setArr(int arr[]){
    for(int i = 0; i < 5; i++){
        arr[i] = i * 5;
    }
}
int main(){
    int arr[5];
    setArr(arr);
    cout << arr[2] << endl;
    // -> 10
}

参照渡しがしたい

int arr[5];
int* p = &arr[0];
cout << p[2] << endl;

とすればできるが、ポインタはポインタなのでarrとpではサイズが違う。

cout << sizeof arr << endl; // 20
cout << sizeof p << endl;   // 8