LOG

リダイレクト

Shellの勉強シリーズ

標準入力はキーボード、標準出力は画面になっているが
リダイレクトを使うことで変更することができる

echo 'hello' > hello.txt
// helloをhellow.txtに書き込む

cat < hello.txt
// hello.textの内容をcatで読み込む

「> ファイル名」「< ファイル名」は
「1> ファイル名」「0< ファイル名」の省略形
1や0はファイル記述子

catは・・・

cat hello.txt

と書くこともできるが、以下の違いがある

cat < hello.txtcat hello.txt
ファイルのオープンshellcatコマンド
エラーメッセージshellcatコマンド

リダイレクトを行うとshellがファイルを開くので、catコマンドは
ファイル名を知らない

アペンドモード(>>)でリダイレクト

「>」でリダイレクトすると、ファイルがあった場合上書きされてしまう
「>>」を使うと末尾に追加する

echo 'yokota' > hello.txt
echo 'kenji' >> hello.txt
cat < hello.txt
// yokota
// kenji